求人紹介しないキャリア相談実施中/無料詳しくみる

30代の転職の志望動機の例文まとめ。押さえておくべきポイントとは?

この記事を読んで欲しい人は下記の方です。

  • 今30代で転職の志望動機書き方を知りたい人
  • 今30代で転職の志望動機の良い例文が知りたい人
目次

30代の転職では志望動機もしっかり考えましょう

志望動機は、とても重要な部分です。

30代の転職でも重要視される志望動機を書くのは困難です。しばしばあります志望動機も見受けられるのですが、自分で調査したり考え抜いた動機でなければ、どうしてその会社なのかが伝わりづらいものです。

こちらでは、自分の言葉で応募書類が作れるように志望動機の書き方について解説していきます。

30代の転職の志望動機にもマッチングが必要である

志望動機を記す上で一番重要なのは、あなたの経験がその会社でどのように活かせそうか?というマッチングの部分です。

30代の転職に関しては、キャリア採用となり、20代までなら将来性を見通したポテンシャル採用がメインですが、30代はその様にはいきません。

ここにズレがあると転職の成功率は大きく低下してしまいます。

企業側が欲しい人材の把握が重要である

企業側が欲しい人物像を考えるのが大事です。

企業側も中途採用を行うケースでは、次に挙げるような目標を持ち合わせています。

  • 誰かの穴を埋め合わせる
  • 新しい何かにチャレンジする

そのような中で、欲しい人材とのずれがあるようなら応募書類の通過率は低くなります。

その中でも30代での未経験職への応募に関しては、書類審査の通過率も低く、たくさんの応募を行うことになるかも知れません。ブラッシュアップして根気よくいくことが重要だと思います。

30代でも考えやすいおすすめの志望動機フォーマット</h2>

志望動機の書き方がわからない人は、是非ご参考にしてください。

志望動機を書くという時には、志望先の企業でトライしたいことではなく、これまでの経験を活用してどういう感じで活躍できるかを記載することが求められます。

  • 前職で会得した**という経験を生かして、**という経験をアピールする
  • 御社の**という事業において、企業の調査力をアピールする
  • **として貢献をしていきたいので、将来の活躍をアピールする

どういう感じで貢献できるかを説明するためには、求人票から求められる経験やスキルを考えることが求められます。

しかしながら、これは個人ではハードルが高いこともありまして、転職エージェントなどを使用して求める人材像の詳細な情報を得ておいた方が良いでしょう。

NGな志望動機の書き出しについて

新卒入社後**に配属、次に**と経歴をただ単になぞるのでは、考えや思いが伝わらず、読んでいただきありがとうございますなどのあいさつ文も必要としません。

また、貴社の社風に引かれましたと曖昧な言葉でまとめ上げてしまうのもご注意下さい。

具体例をあげて、どのような社風に引かれたのかを記載しないと、どちらの会社にも言えるものになってしまうことになり、意気込みを感じ取ってもらえません。

年収や勤務地などといった条件、研修制度に魅了されたというのも回避したほうが無難です。

条件面しか関心がない応募者、自身のスキルアップしか考慮していない、会社は学校ではないとネガティブに捉えられることがあり得るからです。

いきなり部長を目指したいであるとか、募集職種と関わりがない内容も回避したほうが無難でしょう。

志望動機の締めくくりで押さえておくべきポイント

志望動機の締めくくりも大事なポイントです。

読み終わった後に、人事担当者に求められている職種で、躍進するイメージを与えることができるかどうかに気を配って作成してみた方が良いです。

入社後5年先の希望の自分のイメージを想像して、**で実績を構築した上で、将来は**として功績を残したいと考え志望させていただきましたと、具体例を挙げて記載するのも良い印象です。

人事担当者というのは、志望動機からやりたい事、どういう理由で自社なのか、自分の会社でどういう感じで能力を発揮できるのかを見極めようとしているのです。

未経験であっても、短い期間で戦力になり功績を残したいと考え志望しましたと締めくくりに記入して、戦力になることができる人材であることを人事担当者に印象付けることをおすすめします。

書類に書いた志望動機は面接でチェックされる

応募書類と面接で伝える志望動機に関しては、同一であることが欠かせません。面接では応募書類をベースとして質問が取り揃えられていて、あなたの回答に応じてさらに深く掘り下げられます。

あなたがご自身で練っていない志望動機に関しては、面談で質問された際に説明もあいまいになります。

応募書類の志望動機をいい加減に記載していては、最も高い壁である面接の際に足を引っ張ることになりかねません。

基本の部分を参考にしながら、自分で考えるようにしましょう。

転職サービスは、『組み合わせ』次第で、結果が変わります。

転職活動において、転職サービスは、どれか一つに絞らなければならない。というルールはありません。

それぞれの、特徴や強みがあり、組み合わせることによって、より客観的にキャリアを考えることが出来るようになります。

転職に有効なサービスは、下記のようなサービスがあります。

  • 転職エージェント・・・正社員への転職を目的に、求人を紹介から転職成功まで無料で支援してもらえる
  • 転職サイト・・・転職を目的に、掲載された求人を検索、応募し、採用企業と直接やり取りが出来る。
  • キャリアコーチングサービス・・・副業や転職、仕事の悩み全般を体系化された内容を元に相談ができる。
  • スキルシェアサービス(例:coachee)・・・副業や転職、仕事の悩み全般を登録されたコーチに相談ができる。

転職サービス比較

スクロールできます
転職エージェント転職サイトキャリアコーチング
料金利用者は無料
採用feeを企業が払う
利用者は無料
掲載費用を企業が払う
有料(1000円~数十万円)
転職相談
求人紹介
求人検索担当に任せる
サイト内
SNSやサイトを
独自で検索する
副業・仕事の相談
転職後の相談
メリット特定の提携企業への
転職に強み
多くの求人案件から
探すことが出来る。
深く自己分析や強み・
やりたいことを見つける
相談ができる。
直接応募も支援してもらえ、
転職以外も含めて相談できる
デメリット非提携企業への
支援は出来ない。
自分で探せない場合
に相談できない。
費用が高い。

組み合わせの仕方

総合型転職エージェント・求人サイト・キャリアコーチングサービスの併用

キャリアコーチングやスキルシェアを活用しながら、転職エージェントと転職サイトを利用する。といった方が、増えてきています。

多少、費用はかかったとしても、第三者の意見を取り入れながら、失敗しない意思決定をしたいと思う方が増えています。また、それだけ、考えなければならないことが増えてきたともいえます。

総合型転職エージェント・特化型転職エージェントの併用

人によっては、転職のみを考えており、やりたいこともある程度固まっている方も多いかと思います。
そういった方は、転職エージェントを組み合わせることをオススメします。

具体的には、総合型エージェントと特化型転職エージェントの併用です。

  • 総合型とは、リクルートエージェントやdoda等の業種・職種問わず多くの求人を保有したエージェントです。
  • 特化型とは、特定の領域に特化したエージェント(例えば第2新卒であれば、uzuzさんやハタラクティブさん等)です。

どちらも併用することで、より行きたい会社に行ける可能性が高まります。

30代未経験者へおすすめの転職サービス

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
対応地域北海道/東北/関東/中部・東海/関西/中国・四国/
九州・沖縄/海外/宮城県/東京都/愛知県/大阪府/広島県/福岡県
対応業界・職種営業/販売/カスタマーサービス企画/マーケティング/経営事務
管理物流/購買/貿易/店舗開発コンサルタント/金融専門職/不動産専門職/
クリエイティブSE/ITエンジニア/エンジニア(設計・生産技術・品質管理)/
建築/土木/設備医療/医薬化粧品/その他(講師・調理師・介護など)
ポイントはココ!
  • 業界トップクラスの求人数で、幅広い求人提案をしてもらうことが出来ます。
  • 転職支援専用システム「Personal Desktop」を活用でき、転職サポートが充実しております。
  • 面接力向上セミナーの開催を定期開催しており、初めての面接でも安心して転職活動を行うことが出来ます。

\おすすめ転職エージェント・転職サイト/

doda

運営会社パーソルキャリア株式会社
対応地域全国/北海道・東北/関東/東海/北信越/
関西/中国・四国/九州・沖縄/海外
対応業界・職種営業職/企画・管理/技術職/製造/専門職/
クリエイター・クリエイティブ職/販売・サービス職/
公務員・教員・農林水産関連職/事務・アシスタント/
医療系専門職/金融系専門職/
ポイントはココ!
  • 業界最大級の求人数
  • 各専門スタッフがプロの視点でサポート
  • 書類・面接の対策や手続きサポート

\おすすめ転職エージェント・転職サイト/

coachee(コーチー)

サービス概要・特徴

coacheeは、キャリアコーチングプラットフォームです。

登録された個人・法人のキャリアコーチの中で、依頼したいコーチと直接やりとりを行うことができます。
個人同士で行うため、費用を格段に抑えて相談することが出来ます。

サービス料金と内容

 各コーチのプランにより様々
コース料金1,000円~
コーチング回数1回~
利用期間1日~
チャット相談◯(コーチにより可)
職務経歴書の添削◯(プランにより可)
面接対策◯(プランにより可)
サービス一時停止◯(プランにより可)

個人間取引となるため、安価ではあるものの、コーチ・プランは事前に確認した上で、やりとりを行いましょう。

こんな人におすすめ

・費用を抑えたい方
・キャリアコーチを事前に選んで依頼したい方
・転職だけでなく、副業、仕事の悩み相談なども行いたい方

気軽な相談から始めたい方におすすめ!

\おすすめキャリアコーチングサービス/

まとめ

志望動機を書く際に、押さえておくべきポイントをご理解頂けたと思います。

履歴書の志望動機において、書き出しと締めくくりというのはあなたの印象を大きく決定づけるものとなります。

まずは書き出しで採用担当者を引きつけること、最後に締めくくりにおきまして、採用したら結果を出す人材だと印象付けることに注意して、あなたならではの言葉で作成してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる